スポーツアロマ・コンディショニングご利用アスリート紹介

チーム ラバネロ

【ロード、トラック自転車チーム 】

自転車クラブチーム「チームラバネロ」は、自転車プロショップ・タカムラ製作所を母体とするクラブチームです。「スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ」として、若手育成をメインストリームとし、2020東京オリンピックを見据えてトレーニングやレース活動を行っています。

【主な戦跡】
ツール・ド・北海道:3大会個人・団体優勝
オリンピック:3大会出場
パラリンピック:2大会出場 金メダル1個、銀メダル2個獲得
その他、アジア大会、世界選手権、アジア選手権、ネイションズカップ、などの大会に選手とメカニックを送り出す。

【スポーツアロマ・コンディショニングトリートメント】とのかかわり

日々のトレーニングの成果をどう生かすか?レースまでのトレーニングをどう積み上げるか?
最高のコンディションでレースに臨むのが、選手には必要不可欠なのは言うまでもありません。目標とするレースに向けて、選手のコンディションを最大限に引き上げるには、どうするのが一番の良いのか考え、その答えがスポーツアロマ・コンディショニングセンターの『スポーツアロマ・コンディショニングトリートメント』でした。

昨今の自転車競技のトレーニング手法は、筋力トレーニング、インターバルトレーニングやパワーメーターを使ったトレーニング方法などが広く普及し、育成年代のジュニア選手のみならず、ホビーレースに参加する一般のスポーツ愛好家の方も様々なトレーニングを行っているのではないでしょうか?せっかくトレーニングし鍛えた肉体も、レース当日に疲労した身体で臨んでいては、良い結果は得られません。

チームラバネロでは、選手ケアとして定期的に『スポーツアロマ・コンディショニングトリートメント』を受けさせて頂き、多くの成績に結び付けてきました。また、自転車競技は、時として落車による怪我も発生しますが、怪我をした選手にも、リハビリの一環として、『スポーツアロマ・トリートメント』のサポートを受けています。

スポーツアロマ・コンディショニングセンターのコンディショニング調整は、トレーナーによる選手個々に応じた、多様性のあるトリートメントが最大の魅力でもあると思います。

男子選手、女子選手で、個々に筋肉の付き方、レース前の疲労度も違います。この違いをスポーツアロマ・コンディショニングセンターのトレーナーの方たちは感じ取り、トリートメントする重点箇所を見極め、“選手個々に応じたトリートメント方法をカスタマイズ”していただけるため、レース前に信頼して身体のコンディションを調整していただいています。
選手の中には、スポーツアロマ・コンディショニングセンターのトリートメントを目標にし、日々の練習を頑張っている選手もいるほどです。