スポーツアロマ・コンディショニングはスポーツアロマ・コンディショニングセンターの登録商標です。

スポーツアロマコンディショニングトレーナー養成スクール 日本アロマセラピー学会

卒業生の声

坂元 真樹(サカモト マキ)

修了日 : 2006年7月22日
ずっとスポーツと健康に携わりたいという思いと、アロマの心地よさが好きだっという事からスポーツアロマと巡り合い、受講しました。
当時の私はメンタル面で病んでいた時期で、何かを探し求めていた時期でもありました。週末になると上京しアロマと触れ、先生や皆と触れ合い、アロマの事だけではなく多くの事を学びました。
アロマトリートメントの概念も良い意味ですっかり覆され、今では、地方でいかにこの素晴らしさを伝えていくかがテーマになっています。先生のパワフルさは今の私の原動力ともなっています。
九州からなのでなかなかですが、これからもできるだけ諸活動に参加して成長していきたいと思わせてくれるスクールです。

木地本 純子(キジモト ジュンコ)

修了日 : 2010年12月9日 スペシャル
「もし明日が試合だったら動けないかも。」 いつも以上の練習をして、身体の後ろ側全体が筋肉痛になったとき、ふと思いました。その時、自分自身のケアの必要性を強く感じました。その後たまたま雑誌で「スポーツアロマ」という言葉を目にし、軽部先生のスペシャルを受講し卒業するまではあっという間だった気がします。直感を信じ、軽部先生のもとに、新しい技術を習得できてよかったと感じています。人様のお身体に触れさせていただく仕事をして10年になりますが、SACCの内容はかなり深層部にまで働きかけるものなので、ただ気持ちが良いだけのアロマではなく、スポーツをしていない慢性的な症状の方々にも改善のお手伝いができ、この斬新的な技術を持って、また気持ち新たにスタートしていこうと、おかげ様で思えています。リラックスした中でもしっかりと的を得た授業、ふところの大きい先生の人間性、元気で輝いているスクール生との出会いなど得たものを、これから自分なりに膨らませ、人のお役に立てるよう磨いていきたいです。

桜井 祐子(サクライ ユウコ)

修了日 : 2005年11月30日
私は、本格的にアロマとボディトリートメントを学んだ最初のスクールでした。
それまでは、アロマがなんとなく好きで、趣味程度に学び、その流れでアロマテラピー検定などを受けた程度でした。
軽部先生の第一印象は・・・ 「ダイナミック!」
初めてお逢いした時は、話しかけることができませんでした(笑)。
軽部先生の施術は・・・
「ダイナミック」のなかに大きく包み込まれるような何とも言えない「温かさ」と「重み」があります。
あの厚くて、温かくて、どっしりした「魔法の手」に早く近づきたい☆
いまでもあの感触をイメージしながら日々施術をしています。
精油の選択の仕方は、しっかり授業で叩きこまれたので、即実践で役立ちました。そして、施術は、とにかく数をこなすこと、そして卒業後も定期的に先生のチェックを受け、指導を受けることで今でも磨き続けています。いまでは私のご予約の8割は、スポーツアロマコンディショニングのお客さまで、私の生涯の技となりそうです。
先生には、本当に感謝しています。

矢野 静子

修了日 : 2008年5月29日
私は、自分でリラクゼーションサロンを開いておりまして、 スキルアップの目的でスペシャルクラスから参加させていただきました。
アドバンスから始めている方達に比べたら、途中参加になるので授業についていけるか不安でしたが、仲間の支えと、先生の丁寧なご指導のもと、無事卒業できました。軽部先生は探求心が強く、経験も豊富なので授業では実際の症例や、体験談を交えて、精油がもたらす効果がどれほど素晴らしいかを楽しくわかりやすく教えてくださいました。
実践の施術では、圧の方向、体重ののせ方といった基本的な部分から、深層筋へのアプローチ方法など今まで知らなかった手技もあり、とても勉強になりました。
トリートメントでは、疲労箇所には痛みが伴いますが、解れた後の爽快感はこのスポーツアロマの特徴だと思います。現在、サロンメニューに取り入れておりますが、体が軽くなったと、お客様に大変喜ばれております。縁と直感に導かれて、このスクールに決め、いい出会いがありました。向上心がある方ほど、このスクールはおすすめです!

中野 小百合(ナカノ サユリ)

修了日 : 2010年7月25日
【アドバンスコース、スペシャルコースを受講して】
初めて、スポーツアロマコンディショニングを知ったのは、リラクゼーションアロマの講習会で、お隣の席の方に、ちょっとお話した一言でした。 「リラクゼーションでは、なんだか物足りなさを感じるんです・・・」 「そしたら、いい先生紹介するわよ。本も出してらっしゃるから、見て御覧なさい。」 その会話から、どんどん興味がわいてきて、即軽部先生の【スポーツアロマ・コンディショニング】の本を注文しました。内容は、本当に私の求めていたものでした。 早速、受講を申し込みワクワクしながら大阪へ向かった日のことは、忘れません。 初めて会った軽部先生の強烈なパワーに圧倒されながら、たくさんの情報、手技を学びました。毎回メモを取るのが必死であり、楽しくもありました。同じスクール仲間で復習をしながら、確認をしつつ出来たのが心強かったです。 東京のセンターにも通ううちに、たくさんの受講生と知り合いになることができ、感じたのは「みんないい人ばかり」先生のパワーに素敵な方たちが集まってくるんだなって感じました。私もその仲間になれたこと、とっても嬉しく思います。

渕野 智恵(フチノ チエ)

修了日 : 2009年11月30日
長いようであっという間の期間でした。 一度他の学校で習った事を再度習う事に若干の抵抗はありましたが、習ってみて、これほど違うものかとびっくりしました。今まで習ったリラクゼーションのトリートメントだけではクライアントの痛みやしんどさの部分はとりきれない。という事がジレンマでした。 SACCでは、通常痛む部分を触らない様にするのに対して、もちろん、状況を見たうえで、痛む患部などに積極的に触っていくこともあります。選手ケアなどでは辛い部分も施術していくことで、楽になる体を作っていきます。卒業してこれから自分の施術を作っていくときに、強弱感のある施術ができるようになりたいと思っています。クライアントに対して、辛い部分をこちらで感じ取り、すばやくアプローチしていけるように。 SACCでは、卒業後のサポートが充実しています。とかく卒業すると、それまでになってしまいがちな中で、選手ケアやアシスタント制など、学べる体制があることはとてもありがたいと思います。

川畑 真希子(カワバタ マキコ)

修了日 : 2010年1月31日
今まではリラクゼーション目的のトリートメント中心でしたが、SACCに参加して改善型のトリートメントを学ぶようになり、筋肉や腱などに対してどんどんアプローチができるようになってセラピストとして大きく成長できたのではないかと思います。 身体を見ながら張っているところや硬くなっているところをしっかりトリートメントすることによって身体がより軽くなり、また私自身クライアントの身体をより見つめることができるようになった気がします。また元々アロマの資格は持っていましたが、精油にも詳しく学べ以前の学習を振り返るいい復習になりました。 スペシャルからの参加でくじけそうになったこともありましが、先生やクラスメイトの協力により無事試験を終えることができ嬉しくおもっております。 本当に有難うございました。

馬場 サトコ

修了日 : 2009年4月5日
マッサージサロンを経営していますが、マッサージは常に受け手だった私がまさかスポーツアロマコンディショニングのスクールに入門し、スペシャルクラスまで修了するとは自分でも思っていませんでした。 気がついたら、納得できる理論と独自の施術にすっかり魅せられ、ベーシック⇒アドバンス⇒スペシャルとクラスを進んでいました。 SACCの施術を初めて受けた時、まさしく私が求めていたオイルトリートメントだと、実感しました。それはいままで受けたことのないトリートメントでした。実際、受講中、練習のため友人、知人にトリートメントした時や、修了後お客様にトリートメントしていても、手技の独自性に驚かれ、感動してくれる方が多いのは、とてもうれしいです。 まだまだ学ぶべきことはたくさんあり、修了後のスポーツ選手をケアする実践を踏ませてくれるチャンスもSACCにはあるので、機会をみつけてチャレンジしていきたいと思っています。サロン情報 : just Fine

北林 卓(キタバヤシ タク)

修了日 : 2007年3月25日
昨年の6月に初めてベーシッククラスを受講させていただいてようやく4月にスペシャルクラスを卒業させていただきました。 もともと、整体の仕事に就いていて圧をかけながらする施術には慣れていたのですが、オイルを使った施術は今までに無い感覚で慣れるまでに時間はかかりました。練習中、施術を受けた時も心地よい圧と香りで練習中というのを忘れるくらい気持ちもよく気を失う時もしばしば。Zzz...。  講習は先生の型にはまらない「知識」「テクニック」などを教えていただけ自分の持ってるものを活かすことができるので幅が広がりました。  以前勤めていたお店のスタッフにもスポーツアロマ・コンディショニングという形で施術させてもらった時にも大変好評で、強いのが苦手なスタッフや逆にある程度しっかりとした施術を求めるスタッフどちらにも満足してもらえ、勉強の身ながらも「教えてほしい」「真剣にスポーツアロマを考えよう」などいろいろなコメントをもらいました。 自分も4月からお店を構えるようになりスポーツアロマ・コンディショニングをメインメニューに置きこれからたくさんの方に体験していただけるようにしています。

新井 綾子(あらい あやこ)

修了日 : 2006年8月3日
全5回の日程はとても楽しくリラックスして受講できました。 人数も5,6人と多くなくて、とてもわかりやすく質問もしやすい感じでした。 精油の効能も、いままで習ったこととは違うことが学べ、効果的なブレンドなどもとても勉強になりました。特に講習の合間、合間に先生がなさる小話はとても興味深いものでした。先生のたくさんの経験からのお話はとても身近に感じられ、私も精油の力を信じるようになりました。 いままでは頭痛でも、筋肉痛でも、寝違えたときでも、頭痛薬やシップにすぐ手を伸ばし、精油を使おうとは思いませんでしたが、今は何でも最初は精油を使って自分のカラダで試してみようと思うようになりました。 手技についてもたくさんのことを教えていただきました。今までのトリートメントは何だったんだと思うくらい、体に効くトリートメントでした。これからもスペシャルコース卒業生向けにスキルアップの為に単発のセミナーなどあったらいいなと思います。 また東洋医学、心理学等の4つのセミナーもとても楽しく勉強になりました。ありがとうございました

寺地 志麻(テラチ シマ)

修了日 : 2006年7月22日
あっという間の卒業でした。私がスポーツ・アロマ・コンディショニングを知ったのは、先生が出版された本でした。私には高校生の息子がおり、日々クラブに没頭する毎日でした。ふと気が付くとケガ!ケガ!ケガ!周りのお友達を見てもケガの嵐~!!体はボロボロ・・・何か助ける事が出来ないかと考えている矢先、先生と出会ったのです。それ以来、東京に足を運ぶのが楽しみになって、いつしか勉強なのか旅行なのか分からない程でした。まだまだ未熟者の私ですが、虜になった若者が待っていてくれると思うと力になります。私は大阪なので、今後たびたびセンターに顔を出すことは出来ませんが、みなさんと志は一緒なので、ケガや故障で悩むスポーツマン・スポーツウーマンの手助けをして行きましょう

小川 亜子

修了日 : 2006年5月23日
肩凝り、腰痛に悩むお客様に満足していただける技術を探している時にスポーツアロマコンディショニングに出会いました。リラクゼーションアロマトリートメントをしていた私は、「これだ!」と思いました。資格取得後、肩凝り、腰痛をはじめ、膝関節の痛み、坐骨神経痛、骨折リハビリ中の方などお客様の幅が広がりました。改善後もケアとしてリピートしてくださっています。なによりも、大きな財産になっているのは、今も技術向上のために練習し会える仲間を 得たこと、アスリート選手のケアをさせていただく事、又、無限の努力を惜しまずプロフェッショナルになる事への教えです。お客様が元気で旅のできる人生を送っていただけるように、私も心豊かに人生をふくらませていきたいと思います。
小川 亜子 サロン情報 : ヒーリングサロン 紫雲

青木 恒子(アオキ ツネコ)

修了日 : 2006年3月20日
私は、アロマセラピーを勉強してから、トリートメントは当然のごとくリラクゼーションのトリートメントを主体としてやっていました。みなさん、とても気持ちが良いと喜んで下さり、自分でも満足していました。 でも、自分へのご褒美的なご利用のお客様はなかなか長続きしていただけませんでした。また、アロマセラピーをやっていると、「ここが痛い」とか「体が重く感じて辛い、何とかならないか」などの相談を受けることが多く、それまでの知識や技術では答えきれないジレンマも感じていました。そんな時に軽部先生の『スポーツアロマ・コンディショニング』に出会いました。レッスンで習った手技で、腰痛の主人をトリートメントすると腰が軽くなったと喜ばれました。自分もレッスンでトリートメントしてもらい、肩や腰が楽になったのを実感しました。私は、医療の資格を持っていないので、治療行為は出来ませんが、アロマとトリートメントの技術でも、人の役に立てることがわかりました。一度スポーツアロマ・コンディショニングを受けられた方は、定期的に通っていただける方が多く、喜んでいただいています。今後は、実践的な訓練を重ね、地元のアスリートの方にもスポーツアロマ・コンディショニングを広めたいと思っています。