スポーツアロマ・コンディショニングはスポーツアロマ・コンディショニングセンターの登録商標です。

アスリート向けスポーツアロマコンディショニングトリートメント 日本アロマセラピー学会

スポーツアロマ・コンディショニング選手ケア報告


2010.11.24 ボジョレと宮田選手

昨日2010年国際千葉駅伝を無事走り終えた宮田選手が、試合後のケアでSACCにおいでになりました。今日は水曜日のアドバンスコースのスクールを行っていたので、終了後のトリートメントのご予約でした。先日試合後のトリートメントのときに、ボジョレを一緒に飲もうとお約束をしていたので、お疲れ様&ボジョレワインをいただくことにしました。その話と、宮田選手の筋肉のバランスの良さなどをスクールの時に生徒さん達にお話ししていたら、宮田選手のトリートメントを見学して、その後一緒にボジョレも飲みたいということになり、結局宮田選手にお願をして、トリートメントの見学をさせていただくことになりました。そして終了後簡単にパスタを作り、美味しいゴルゴンゾーラのチーズとアスパラのピクルスで簡単ボジョレパーティにしました。話は、試合の話から始まり、ワインが進むにつれ恋話、恋愛観にまで至りました。年齢、立場を超えてとても楽しい時間を共有させていただくことができました。これも宮田選手のお人柄のおかげです。 迎える12月はニューイヤー駅伝目指して本格的に大切な時期になります。私も気合を入れなおしてお手伝いさせていただきます。

2010.11.21 11月23日に行われる2010 国際千葉駅伝

富士通陸上部の宮田越選手が、千葉県選抜として2010国際千葉駅伝に出場することになりました。そこで急遽試合前のケアでSACCにおいでになりました。甲府に住む平澤SACTにも「内在的動作特性理論」のセッションも行ってもらいました。10月以降から練習も充実し、身体もドンドンアスリートの筋肉になってきています。ヒフク筋の位置もグッとアップしてかっこいい!(ミーハーな表現ですが・・・)ふくらはぎもベストな形になっています。筋肉自身も、アロマオイルの効果で弾力のある疲れにくい、パフォーマンスの高い筋肉になっています。23日にはこのレースのテレビ放映もされるので、今から楽しみです。

2010.11.3 第51回 東日本実業団対抗駅伝競走大会出場

今日は朝から富士通陸上部のブログでレース結果を確認していました。
6区を走る宮田君は5位でたすきを受け取り、そして7区へと繋ぐことが出来ました。
区間3位と言う素晴らしい記録で走りきり、彼も納得の走りが出来たようです。
終了後彼から早速メールが入り、「監督、コーチからお褒めの言葉をもらえました。」とあり、そして彼は「まだまだいけそうなので楽しみです。」と書いてありました。

サポートしている私たちも益々気合いを入れてサポートさせていただこうと思います。

2010.11.3 第51回 東日本実業団対抗駅伝競走大会出場

今年の5月から当センターにてスポーツアロマ・コンディショニング トリートメントケアと「内在的動作特性理論」のトレーニング指導をさせていただいている、富士通の宮田越選手が出場します。5月に初来店されてから目標にしていたこの大会に出場を果たすことが出来、宮田選手はもちろん、お手伝いさせていただいた私たちも大喜びです。この5ヶ月間の選手の努力と成果が認められ、出場に結びついたことは、本当に素晴らしい結果です。そして、今回の結果が次へと繋がっていくことを願っています。こちらのブログにて監督のコメントやレースの状況などは、リアルタイムにアップされるそうです。

2010.10.1 MTBクロスカントリー平野星矢選手

昨晩アジア選手権から帰国した星矢選手が大崎にケアに来てくださいました。一昨日行われたアジア戦では4位、「微妙な成績だと」とても残念がっていました。レースの時の心理状態等が結果に影響している。駆け引きなどを考えすぎてしまったことが、彼の中での失敗だったそうです。「何も考えず、集中できている時に、良い結果が出る。」そうです。本当に選手にとっての心理状態は、紙一重ですね!今日から数日間はオフを取り、来週のJシリーズ最終戦に参戦し、そこからは叉11月に行われるアジア大会に向けてのコンディションつくりだそうです。一つの試合が終わって、次の試合までをどのようにスケジュールして、身体と心作りをするかが、次に来る結果を生み出すのだと感じました。 PS.しかしこのやさしい笑顔がレース中には燃える目に変わるのですから素敵です。

2010.8.29 宮田3兄弟

先日も書かせていただきました、宮田3兄弟。
今回は3名が揃って来店されました。
富士通の陸上部の越選手、日体大陸上部の往選手、そして看護士でスポーツトレーナーのお姉様。とてもよく似ていて、皆さんとても明るくて前向き、そして中の良い御兄弟です。今日は月に一回行っている平澤SACT氏の「内在的動作特性理論」のセッション日でした。越選手は少々というかかなり、この「内在的動作特性理論」にはまり麻薬?!患者のように身体の動きを練習しています。彼曰く、「気が付くと動いているし、動いていると気持ちが良い!」そうです。往選手のチェックが始めての今日。初回とは全く変わり、上がり気味だった肩は下がり、腕の脇も閉まり、一回り小柄になったように見えるのですが、体の動きは滑らかに・・・本当にこの「内在的動作特性理論」はその人の身体の動きにあった方法を取り入れることによって、動きも滑らかになれば、呼吸も楽になり、その人自身が持っている本来の動きに近づいてくるから不思議です。私自身まだ理解し切れていないのですが、確かに正しいかも?この方が動きとして良いかも?そしてトリートメントだけでは解決できなかったところがほぐれ易くなっているかも?など等思うところは多々あります。これからももっと学びながら、選手たちのお手伝いに役立てたいと思います。
平澤セッションの後には動きだけでは解消できないところを意識しながら、スポーツアロマ・コンディディショニングで身体を整えます。越選手は通常10日くらいに一回はセンターでのトリートメントを受けていただいているのですが、今回は3週間の北海道合宿からの初めてのトリートメントでした。初めて当センターのトリートメントを受けて以来のお疲れモードが噴出!帰りの電車の中から眠たい・・・だるい・・・の状態だったようです。本当に激しい運動をしている方たちにとっては、定期的な身体のメンテナンスが重要なことがわかります。当センターのトリートメントを継続的に受けていただいていると、疲れにくくなったりするので怪我の回避につかがったり、回復を早めてりできるようになるのですが、激しい運動、試合などのメンタル、フィジカルに過大なるプレッシャーがかかった時には、早い時点でのリカバリーケアが重要であるとしみじみと感じたのです。

2010.8.4「内在的動作特性理論」アスリート姉弟

先日アスリート兄弟という題名で御紹介した「内在的動作特性理論」の実践その2回目を行いました。 前回はお兄さんと弟君。今回はそのお兄さんのお姉さんが登場しました。お姉さんは現在看護士をされていますが、スポーツトレーナーの資格もお持ちで、某大学のラグビー部のケアのサポートもされています。そして彼女に弟さん(富士通の陸上部2人いらッシャルので間違えないように!)がスポーツアロマ・コンディショニングとこの身体の動かし方の考え方を話したところとても興味を持たれ、今回はお姉さんが御来店となりました。本来は下の弟君(日体大生)も来店予定でしたが、急遽大学のミーティングが入ってしまい来れなくなってしまいました。そしてもう一名の方は三重県からおいでになった高校陸上部の選手。昨年から身体のバランスが崩れて、思うように走れなくなっているそうなので、これも、「内在的動作特性理論」チェックと指導。そしてその後はスポーツアロマ・コンディショニングで筋肉を整えさせていただきました。
この映像ご覧下さい。変ですよね~?!みんなでニコニコしながら肩と腰をユサユサ!彼ら4名は全員同じ動き方が向いているグループだったんです。そしてこの動きが、身体の緊張を取り除き、筋肉を柔らかくし、腰痛などの対策にもなってしまうそうです。先回指導を受け、毎日毎日身体を動かしていた宮田選手はかなりスムーズに動けるようになり、腰痛、肩凝りがなくなったそうです。それを見ていた指導者のSACT平澤はニコニコ?というかニマニマ自分の指導が的確に上手く反応し、嬉しくてたまらない様子!!!一緒に身体の動きをしている時の彼の様子は本当に嬉しそうで生き生き!そして宮田選手も次の新しい動きにステップアップしてこれまた嬉しそう・・・外から見ているとかなり変な団体?!のようですが、でも皆さんはいたってまじめ!タダタダからだがしなやか手痛みから解放されてきて嬉しくてたまらないだけです。チョッと変な皆さんを見ながら本当に喜んでいただけているのを心から嬉しく感じて思わず微笑んでしまう私も変な奴の一員かもしれませんね?!このような笑顔をもっと広げて生きたいと思います。

2010.7.22 山本 幸平選手

19日にMTB全日本チャンピョンの3連覇を成し遂げた山本幸平選手が、ヨーロッパ遠征出発前にスポーツアロマ・コンディショニングケアを受けに大崎のSACCにいらしゃいました。BGアンカーに優勝の報告を済ませ、その後センターへ。 先日までの遠征中には、身体のメンテナンスが思うように受けることが出来ず、身体は悲鳴をあげそうになっていました。ニースでのメンテナンスの際には、「あらためて身体のケアが重要であるかを痛感した。」とおしゃっていました。今回の御予約は、フランスの時に頂いていました。19日の全日本の時には、あんなに過酷な状況の中を精神力を切らさずに、スタートからゴールまで常にトップを走り、ゴール後には熱中症?!だったのか一瞬めまいを起こしたにもかかわらず、筋肉の状況はそんなに悪くなっていませんでしたが、頭の疲労がとても大きかったようです。 トリートメント直後、「体中の血液がグングン流れるのを感じて、眠れなかった・・・」というほど血液の流れが潤滑になったようでした。一刻も早い身体のリカバリーのお手伝いが出来れば嬉しく思います。そしてメンテナンス終了後、幸平選手はさわやかな笑顔で成田空港に向けて出発して行かれました。 この後、スイス、イタリア、フランスのレースに参戦し、9月初めにカナダで行われる世界選手権に参加される予定です。今回は1ヶ月半くらいの短めの遠征ですが、より素晴らしい結果を期待しながら、応援したいと思います。

2010.7.3アスリート兄弟

今日はSACCにアスリートの駅伝選手がいっらしゃいました。
お兄さんが宮田 越選手(富士通)
弟さんが 宮田 往選手(日体大)http://www.nittai.ac.jp/ekiden/hakone/list/index.html
兄弟2人でお正月の駅伝を目指しています。お兄さんは、来年元旦の実業団ニューイヤー駅伝。弟さんは、2日3日の箱根駅伝です。
6月の初め頃からお兄さんの宮田越選手が当センターのスポーツアロマ・コンディショニングトリートメントを受けに来ていただいております。もともとオイルマッサーが大好きだったそうですが、当センターでアロマのオイルマッサージを受けるようになってから、筋肉がとても柔らかくなり、疲れにくくなったそうです。そこで弟さんにも是非にと・・・今回はお2人でいらしてくださいました。それと同時に昨年から当センターで開催している、「内在的動作特性理論」の講師平澤SACThttp://ameblo.jp/ugokino-ri/も呼んで彼らのタイプを診断してもらい、その上身体の使い方のアドバイスとトリートメントのより効果的な方法、個々の選手のうまく使えていない筋肉のチェックなどを行いました。彼らにより良い身体作り、練習方法のアドバイス、トリートメントを提供していければと思います。診断、アドバイスの後には、スポーツアロマ・コンディショニングトリートメントをお2人に受けていただきました。 トリートメント終了後もすっかりアドバイスにはまってしまい、帰りには常に身体を動かす運動をやり続けながら帰られました。これからの約半年!彼ら2人に身体つくりに出来る限り当センターと卒業生と一体になって協力していきたいと思います。 トリートメントは今月も何回か受けていただく予定です。そしてその合間も今回のアドバイスでトレーニングを続けていただき、そして8月には入ったら、月に1回チェックと次のアドバイスを続けて行きたいと思います。

2009.12.14 山本幸平選手のトリートメント

先日は挨拶だけに立ち寄っていただいた、山本幸平選手が明後日からタイの合宿に出発する前にスポーツアロマ・コンディショニング トリートメントを受けに来て下さいました。昨日までは幕張で行われていた、サイクルモードの展示会で立ちっぱなし、話しっぱなしのいつもとは違った仕事だったので、練習とは違った疲労が溜っているようでした。 そして、明後日から2月いっぱいはタイへと旅立つそうです。そしてタイから帰国しても叉すぐにフランスへ・・・さらに大きな選手になることを目指して、進化し続けている山本選手です。しかし、今日はシーズンオフでリラックスモード。シーズン中とは異なり、ちょっとふっくらしたほっぺたと、緊張の無いリラックスしたやさしい表情が印象的でした。次にお会いできる時は叉精悍になった山本選手に会えるのもとても楽しみです。今日は身体の隅々まで、念入りにケアをし、硬くなっていたふくらはぎも攻めまくり、そして最後には超リラックスしていただける目の温灸も受けていただきました。(ごめんなさい。お休み中の写真をパチリ!)彼の今後の活躍は、ブログを通じて楽しみにしたいと思います。

2009.11.22 極真空手 田中選手優勝

東京体育館で行われた第41回オープントーナメント全日本空手道選手権大会でサポートさせていただいている田中選手が優勝しました。今年8月に行われた世界選手権に続いての連覇です。私は始めて極真空手の試合を会場で見ることが出来ました。白熱する試合に見ているだけの私の身体にも力が入ります。そして、田中選手の試合は特に、手に汗を握りながら応援しました。田中選手は引き分けになることも無く、ストレートで優勝まで勝ちあがりました。優勝を手に入れて、今はホッとして、喜びをかみしめていることと思います。もちろん、お手伝いさせていただいている私も、久しぶりの感動と喜びを味わうことが出来ました。選手を見させていただいていると、本当にこのような喜びを実感できるのです。自分のことではないのですが、自分の時のように・・・時にはそれ以上に緊張もし、そしてそれが叶ったときには、なんとも言いがたい喜びになるのです。この感動と喜びを大切に、明日からも頑張り続けていきます。

2009.11.16 MTBアジアチャンピオン 山本幸平選手

先日マレーシアで行われた、MTBアジア選手権で山本幸平選手が優勝しました。彼は今年初めから、この優勝を目指して、タイ、フランスをトレーニングを重ね、今シーズンの全日本でも優勝を遂げ、そしてこのアジア選手権にかけていました。そして、目標通り優勝をされました。その山本幸平選手がお兄さんである山本和弘選手と共に、SACTの遊びに来て下さいました。この後山本選手は、今まで住んでいた松本から、実家である帯広に拠点を移されるそうです。タイ、フランスへと行っている時間が多くなるので、松本にいられることがほとんどなくなっているのが、現状だそうです。そこで、今までは当センターの卒業生SACTの西條(長野在住)が通常のメンテナンスを行っていましたが、今度は帯広に在住のSACTがその任務を受け継ぐことに・・・帯広のヒーロー山本選手のケアをさせていただけるので、帯広のSACTはまだ駆け出しのため、かなりプレシャーがかかっているようです。山本選手にドンドン指摘してもらい、レベルアップを目指せる絶好のチャンスだと思います。そして彼の移動の時には、羽田に近い大崎のセンターでのケアを受けていただきたいと思っています。一年一年を重ね、そしてロンドンオリンピックを目指して、より活躍いただけるお手伝いをSACC全力で協力させていただきます。

2009.8.23 極真空手の田中健太郎選手は世界チャンピオンになりました。

先日コラムにてご紹介させていただきました、田中選手が第4回 世界ウェイト制空手道選手権大会にて軽重量級の2連覇を成し遂げました。
■軽重量級リザルト
優勝  田中健太郎(日本)
準優勝 アレハンドロ・ナヴァロ(スペイン)
3位  エドアールド・タナカ(ブラジル)
4位  ゴデルジ・カパナーゼ(ロシア)

私は海外に出張中でしたが、優勝したその日に彼から喜びの電話が直接入りました。夜中の時間でしたが、サンフランシスコで大喜びをいたしました。ケアのお手伝いをさせていただいている選手が結果が良いと本当に嬉しいです!これからも頑張って選手に喜んでいただけるよう、お手伝いさせていただきます。

2009.8.15 極真空手の田中健太郎選手がSACCに来店されました。

田中健太郎選手は2005年に行われた第3回全世界ウェイト制空手道選手権大会において、軽重量級の世界チャンピオンです。その第4回大会が来週8月23日行われる為、その体調調整のために来店されました。先日8月9日に初めて来店され、今日2回目の来店でした。 当センターのスポーツアロマ・コンディショニングは初めて受けていただく時に、選手の皆さんにはかなりエキセントリックに体調の変化が起こる可能性があるため、1回だけではなく、2回~3回は5日から10日の間に受けていただけるようにお願いしています。初めて受けていただくと疲労がかさんでいる身体は1回かなりだるさを感じたり、時には具合が悪いかのような症状になる可能性があるからです。ですので今週2回トリートメントを受けていただくことを約束して頂き、今日が2回目の来店となりました。先回受けていただいた翌日はとても身体がだるく、眠たい1日だったそうです。そしてその後は徐々に身体が回復をし、その後は・・・

・いつもより自分は軽く蹴っているのに、相手はいつもより痛いと反応があった。
・いつもは心拍が苦しくなる前に、足が上がりにくくなってしまうのに、足がいつもよりも軽く、上がった。
・汗をいつも以上にかいているが、汗がサラサラ?!していた。

等色々な結果を感じていただけたようです。そして今日2回目を受けて頂くと、トリートメントをしている私が明らかに身体の違いを感じました。

・前回に比べて、筋肉に弾力があり、硬くなった筋肉も柔らかくなりやすい。
・前回よりも痛がらない。

等を実感できました。本来であれば来週試合の3日ほど前にトリートメントをさせて頂くことが、ベストですが、残念ながら私の海外出張と重なったしまいました。23日の世界選手権は遠くよりエールを送りたいと思います。皆さんも田中選手がディフェンディングチャンピオンになれるよう、応援をよろしくお願いします。

2009.5.27 MTB門田選手がSACCに来店されました。

4月MTBレース愛媛県八幡浜でとても門田選手が来店されました。というのも今回のTOJにコムレードジャイアントチームの一員として1週間レースに出場していました。TOJの途中でも少しだけケアのお手伝いをさせていただきましたが、最終の東京が終了してから、当センターにいらして頂き、最終日の夜と次の朝ケアを受けてから、今治に帰られました。門田選手は以前から鍼、整体など色々なケアをちゃんと受けていらして、身体のケアをとても大切にされていました。昨年白馬のレースでお会いしてからも時々ケアの質問なども頂き、アドバンスをさせていただいていました。愛媛県と東京という距離があるため、中々ケアを直接させていただくことが出来ないのが残念ですが、このところ4月と今回のTOJと続けてお会いできた為、有意義な時間をとることが出来ました。門田選手は、私以外はケアをしたときにはSACT達に私とに違いや、もっとここをやっったほうがいようとか、色々な的確なアドバイスをしてくださいます。私たちのケアも日々勉強、日々向上を目指しています。そんな時に彼のアドバイスは抜群なのです!解りやすい例えでのアドバイス、良いところは褒めても下さいます。当センターにとっても心強いパートナーです。次回お会いできるのは7月の全日本 富士見のレースになります。そのときが叉楽しみです。
門田選手のブログ 

2009.4.27 今治出張トリートメント&焼き鳥

愛媛県の今治で、選手ケアを行ってきました。八幡浜のJレースのケアサポートが主目的ですが、以前より今治の門田選手より競輪選手がケアを受けてみたいとの要望があるというお話を頂き、今回Jレースの機会に今治でのケアが実現しました。レースは土日に開催されましたが、私は金曜日に今治入りし、場所は今治在住の門田選手のサポートを受け、彼のお店である‘焼き鳥 山鳥’2階にて特設アロマサロンを開設?!そこでは、松山の競輪選手と山鳥のメンバーのトリートメントをやらせていただきました。 同じ自転車競技ですが、MTBの選手と競輪選手の身体は全く違います。短筋系の競輪選手と遅筋系のMTBの選手。足の太さは倍くらい違います。クライアントの方の競技にあわせたトリートメントが出来る必要性を本当に痛感します。 金曜日のトリートメント終了後、待ちに待った?!焼き鳥タイム。以前より山鳥の焼き鳥の噂はたくさん聞いていたのですが、念願かなっていただくことが出来ました。私は鶏肉が大好きなのです!そして地鶏-伊予水軍鶏の特性焼き鳥は本当に最高!でした。特に鶏皮丼!カリカリに焼かれた皮をしっかりタレがかかった丼は絶品です。あまりにお腹がすいて、美味しいお料理でうっかり写真を撮るのを忘れてしまいました・・・・・是非今治に行かれたら、「 焼き鳥 山鳥 」に行ってみて下さい。

2009.4.8 久しぶりのケア

MTB江下選手がSACCに久しぶりに来店しました。
今回は、桜満開の横浜、そして初の首都圏開催のジャパンシリーズ、TBSのロケ地でもお馴染みの横浜市にある“緑山スタジオ”。都会の狭い雑木林を使ったテクニカルで短い周回の超スピードコースでレースに参戦の後に来店していただきました。この大会では彼は、第3位で表彰台に乗り、とてもよい精神状態での来店でした。 今回はレース終了の日曜日の夜と月曜日の朝、2回連続でケアを受けていただきます。 1回目はその日の疲労と今まだの蓄積の除去!かなりハードなトリートメントを約2時間身体の隅々までさせていただきました。そして次の朝は、昨晩よりは軽めのトリートメントで昨晩に取りきれなかった部分を丁寧にケアさせていただきます。 この方法のトリートメントを受けていただくと、一度は身体全体がドロドロにだるく、自転車も踏めない状態になってしまいます。その後、2~3日掛けて徐々にアップしていただくと、身体は生まれ変わったかのように、軽く身体能力も見違えるように伸びてくるのです。江下選手は松本に在住のため、いつもこの方法でケアをさせていただきます。 一昨年骨盤骨折をした時のリハビリケアの時にこの一度に2~3回のケアを連続して受ける方法を見つけ出し、今ではこれが定番になっています。その骨盤骨折の時には11月に骨折をし、約2ヶ月の入院生活を送ったにも関わらず、4月の第1戦にも間に合ったと言うことがありました。それにはもちろん彼のトレーニング努力がありますが、私たちのケアも貢献できてと自負しています。叉、江下選手はたくさんのケアを以前から受けてきた経験をお持ちなので、私たちトレーナーの的確なアドバイスをしていただけます。 これからも影ながら彼ら選手のお手伝いが出来ればと思います。そして選手たちが表彰台に乗る喜びを一緒に味わいたいと思います。これが何よりもの私たちの力になるのです。

2009.2.04 選手ケア

通常は1名の選手と数名のトレーナーでこじんまりと行っている選手ケアですが、今回は久しぶりに選手が6名、トレーナーが10名程参加して行いました。一度に6名の選手のケアを行うのは、センターでも始めての経験です。当センターは、選手とトレーナー達で一杯になってしまいました。夜の18:30集合で昨年の宮古島トライアスロンレースでのチャンピオンの河原勇人選手(今回から定期的にケアをさせていただき、4月に行われる宮古島レースに向けてコンディショニングをさせていただきます。)
http://www.teamkens.co.jp/prof_kawahara.html
・パールイズミラバネロの選手4名。
(新年度を迎えて、メンバーも少々入れ替わりました。今回参加のうち2名も初参加。)
http://www.ravanello.com/team/2005/ ・当センターの卒業生でマラソン選手
(先日の福岡国際マラソンに出場そして東京マラソンに向けてのコンディショニングです。)

選手の中に初めて当センターのケアを受ける方、叉トレーナーも卒業して初めて選手ケアに参加した方と双方が初体験と言うこともあり、先輩トレーナーたちは後輩たちの指導に汗だくです。初めてのトレーナーたちは、選手にどのくらいの圧だアプローチをしたら良いのか?受けなれた選手たちからは「もっとしっかりお願いします。」と言われ戸惑いながら、必死に頑張っているようでした。選手のそのときの体調や状態、タイミング、そして個人個人の筋肉の質などを考慮してのアプローチはたくさんの経験を積まなければ中々コントロールが難しいと思います。これからは実践的な経験を積んで自分の中でのバロメーターを見つけていくことが大切です。とにかくたくさんの実践を積むことがないよりもの成長です。一緒に楽しく色々な経験を積んでいきましょう。

2008.08.17 北京オリンピックMTB代表、山本幸平選手が大崎のスポーツアロマ・コンディショニングセンターにて最終調整。

明日18日に北京オリンピックに向けて出発する前に、MTB山本幸平選手がSACCに来店されました。通常は彼の地元に在住しているSACTがケアをさせていただいておりますが、今日は出発前に東京に移動して宿泊の折、当センターにて身体の最終調整をさせていただきました。一昨日まで最終の追い込み練習を終え、疲れ切った身体での来店と言うことでしたので、細かい筋肉までしっかりと入念にチェックし、ケアさせていただきました。そして、とても元気な笑顔で出発されました。
私たちは日本から彼の活躍を楽しみに応援したいと思います。今回はJAPAN Tシャツ姿の幸平選手と記念写真を撮らせていただきました。

オープンパーティー・SACTの練習会・パールイズミラバネロ選手のケア

先月引越しをしたスポーツアロマ・コンディショニングセンター(以下SACC)を卒業したトレーナー(SACT)達に来ていただく機会と、SACCでのオープンパーティー?!と練習会を開催しました。この日のスケジュールはスケジュール盛りだくさん。11:00~13:00は、ランチパーティー(今回は私が手作りスパゲティーで皆さんをおもてなししました。)卒業したときはバラバラの皆さんですが、同じ目的を持って頑張っているメンバーの集まりは初めて会った同士でも昔からの仲間のようにあっという間にわきあいあいです。 情報交換、近況報告など等、話は尽きないようでした。13:00~15:30は、SACT同士での相モデル練習会。グループ分けはじゃんけん大会!誰と組んでも楽しく!ワイワイ!自分の不得意な部位の確認。新しい技の情報交換を交わしていました。16:00~19:00は、そして今日の一番イベント!パールイズミラバネロの選手のケアです。今年最後の大きなレース来週末のツールド沖縄に向けてのケアです。一人の選手に2~3名のSACTがついてケアさせていただきました。昨日今日を選手たちは約二日間で400KMのトレーニング後にケアにいらしたので、腰の痛い選手、足の疲労が溜った選手、お尻がカチカチの選手ととても練習になる体の状態でした。今回引越しをしたSACCでは一度に5台のベットでケアを行うことが出来るようになったので、今回のようなイベントが実現しました。 今後もこのようなイベントを計画しながら、SACTたちと技術の向上に努めて行きたいと思います。